テーブルの天板を交換するだけで新しいテーブルに早変わり

テーブルを簡単に綺麗なNEWテーブルに変える

傷が付いた/子供が落書きをした/いろいろな汚れが取れなくなったテーブルを買い換えるのではなく、天板のみを交換して綺麗な新しいテーブルにリニューアル

■ 使用していたテーブル

テーブルのリニューアル前

数年前に購入したゴムの集成材の安価なテーブルセットが古くなってきたのと、子供たちが悪さをしてひどく傷つけてしまったので買い換えようと思いましたが、買い換えるるよりも見た目にテーブルが高級に見えてしかもお金のあまりかからない方法を考えました。

よく量販の家具店で売られているこのようなゴム等の集成材のテーブルは、値段は安いのですが、木目がほとんど無く天然木らしさが全くと言っていいほどありません。

今回せっかくリニューアルするのですから天然木が前面に出たテーブルにリニューアルします。


■ テーブルの脚と天板の接合部分を確認

テーブルの裏

まずはテーブルを裏返して天板と脚がどのような方法で接合されているかを確認して自分で取り外しができるかどうか確認します。

高級なテーブルは複雑な金具やしっかりとした接合方法ですので取り外しが難しいかもしれませんが、安価なテーブルのほとんどは天板と脚を木ねじで止めてあるだけなので取り外しが簡単です。このテーブルは脚を木ねじで止めてありました

電動ドリルを使えば簡単に取り外せそうです。


■ テーブルの天板を脚とをはずす

脚を外したテーブル

天板と脚を接続している巾木に10ヶ所の穴が開いていてその中に木ねじが打ってありました。すべての木ねじを電動ドライバーで取り外して天板をはずします。

写真の天板の裏にある2本の角材のような物は、天板が反らないように付けてある反り止め用の「当て木」です。(何と呼んでいいのか知りません)

ツキ板の場合は無垢材等と比べると反りがとても少ないので今回使用するツキ板を使用したテーブルの天板にはこのような反り止めは有りません。


■ 今回使用した天板の詳細

ツキ板 ウォールナット板目(TB貼り)
ツキ板貼り 両面貼り(天板の反り軽減対策)
塗装 天然塗料クリアー塗装(全面)
木口貼り ウォールナット無垢材4方向貼り
4木端30R(BB加工)
厚み 21ミリ厚
 サイズ 巾900ミリ×長さ1600ミリ 

■ ツキ板を使用したテーブルの天板を取り付ける

新しい天板に脚を乗せる

木ねじを打ち込みやすいように天板を下にして、脚を上に乗せます。天板を外した時と同じ形ですが新しい天板が傷つかないように毛布などを下にひいておくと傷つきません。

※脚の巾木にある穴 の位置を確認して天板の上に脚を置き位置を決めますが、このときに天板の置く位置がずれていると、木ねじを打った時にずれたまま天板が固定されてしまいます。(十分ご注意下さい)

木ねじを止める穴

※脚の巾木にあいている木ねじを打つ穴


■ 天板を上にして完成

天板交換終了

脚の色と天板の色がととなりますが、またこれもデザインのようでいい感じです。

以前のテーブルと比べても格段に格好よくリニューアルできています。

天板の色や木目は「ツキ板図鑑」から好きなツキ板 を選ぶことができます。また、天板のサイズや厚みもお客様の希望に合わせて製作できますのでお問い合わせからメールでお問い合わせ下さい。

今回使用したテーブルの天板は木口に無垢材を使用していますが、コストを抑えたい場合はツキ板で木口貼りをすることも可能です。木口貼りを変更するだけでかなり価格が抑えられます。

お勧め商品その1

お勧め商品その2

お勧め商品その3

格安販売商品

(有)坂商会(バンショウカイ)

有限会社 坂商会外観

お問い合わせ

商品に関するお問い合わせはお気軽にお問い合わせ下さい。

ホームページに記載されている事や「よくあるお問い合わせ」に記載されている事もございますので、そちらを先に読んで頂いてからお問い合わせ下さい。

金額や送料などに関するお問い合わせはFAX又はメールでお問い合わせ下さい。

お電話でのお問い合わせで、「見積もり」や「商品金額」に関するお問い合わせには答えしかねます。